かわちゃん紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 消えた相棒。

<<   作成日時 : 2012/04/22 05:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

前回書いた通り、後ろ髪を相当ひかれながらコロンビアを後にした私は、ほんの数時間でエクアドルの首都であるキトに到着した。

飛行機を降りると、空港との連結部分に吹き込んでくるすき間風の冷たさに標高の高さを感じた。

真冬とまではいかないけれど、なかなかの寒さだ。

常夏のカリとは対照的な気候に、唯一機内に持ち込んでいた薄手のシャツを思わず羽織った。




早速入国審査をパスし、バゲッジクレームへ早足で進む。

私はそこで自分の荷物が流れてくるのを少しそわそわしながら待っていた。

なぜなら、カリを出るときに第三国への出国チケットでもめ、1000ドルで買わされていたアビアンカ航空のチケットのリファンドをしなければいけなかったからだ。
(※片道航空券で入国する場合、その国を出る航空券もしくは予約済みの書類を出さなければ出国できないことが多い。今回予約チケットは無効と言われ、随分もめたものの購入せざるを得なかったのだった。)

カリの職員いわく、キトの空港内のオフィスで夕方までならリファンドが即日出来るとのこと。

携帯の時計を見ると、もう時間がなかった。

急がなければならない。

こっちの会社は航空会社でも本当に適当なので、1週間以内なら払い戻し可能だと言われたこのチケットも、翌日以降はもう払い戻しは出来ないとかなんとか普通に言ってくる可能性があった。

しかも悪名高きTACAグループである。

旅行者にとって1000ドルはでかすぎる。




あ〜、早く荷物出てきてくれへんかなぁ。




が、しかし、こんな時に限って待てど暮らせど私のバックパックは出てこない。


荷物が回り始めてから5分経ち、10分が経った。




おかしい。




どんどん他の乗客は荷物をピックアップして税関の列に並んでいく。

終いには誰かが取り忘れた小さなダンボールがぐるぐると何度もさみしげに回っているだけになってしまっていた。





あぁー、これやられたな…。





驚くほど冷静に、私はこの時ロストバゲッジを確信した。

ロストされるのは5年ぶりかしら、なんて考えていると、目の前のターンテーブルが静かに停止した。





やっぱりな…。





空港職員は、突っ立っている私に向かって、もうこれで荷物は全て出したと言ってきた。





いやいや。

私のまだやし。





職員に荷物がまだ出てきていないと告げると、面倒くさそうにバゲッジタグの番号をトランシーバーでどこかに伝えはじめた。

途切れ途切れ「ない」だの「わからない」だの「眠い」だのと、ネガティブな言葉が交わされているの聞こえる。

「眠い」ってなんやねんとおっちゃんの顔を見てみると、今まさに人差し指を第二関節あたりまで鼻の穴にさしこまんとしている最中だった。





この感じ、今日は出てこないに100万コロンビアペソ!!





案の定、今どこに荷物があるかわからないのだと覇気のない顔で告げる職員。

さすが、悪名高きTACA航空である。

やってくれるぜ。





仕方がないので、まずはイレギュラーレポートの書類を空港職員のおっちゃんと書き込んでいくことになった。

必要事項を記入していくために質問に答える私と、それを繰り返して書き込むおっちゃんの会話がこちら。

別におもしろいブログを書きたいとかそんなんではなく、これは実際に交わされた会話の一部である。



私;「バックパックの色はオレンジでカバーはグレー。大きさはこのくらい。中にはブルーの寝袋と、ビニールの袋に入った服と日本語の本などが入ってます。あとは石鹸とかシャンプーとか。」

おっちゃん;「えーっと、パックパックの色は赤、大きさはこれぐらいっと。中には毛布、えーと、色は水色、日本語の辞書と、服が入っているっと。よしっ。」





いやいやいやいや。




聞いてましたか、と。

そんなもん書いたら出てくるもんも出てけえへんがな。






正気とは思えないくらいに間違いを連発するおっちゃん。

私が関西人だからボケているのではないかと疑ってしまうほどの確率で続々と珍回答を記入していくのである。

いやいや、今別におもしろいのとか求めてないから。

荷物ないの、ほんまは結構困るんやから。

念のためスペイン語と英語で話しているにも関わらず、間違いまくりで書類がもうぐっちゃぐちゃ。




頼むで…。




最終的には半ば無理やりおっちゃんからペンを奪い取り、自分で記入していくことにした。

何とか書類の作成も終わり、とりあえず今夜10時にホテルに電話してもらうという約束もとりつけたので、まずはホテルに向かうことにした。

ちなみに、全てが終わってからアビアンカのオフィスに行くと既に閉まっており、この日はリファンド出来ず…。




TACA航空、しばく…。




もうどうしうようもないので諦めてタクシーを捕まえるために空港の外へ出た瞬間、ロストバゲッジされたことを激しく後悔した。(しても仕方ないんやけど)

なぜなら、めっちゃ寒かったのである。

夜でも30度弱だったコロンビアのカリからやってきた夏服の私にはとうてい耐えられない寒さだ。

標高の高いここキトの冷たい夜風は容赦なく私の体から温度を奪っていく。

本来ならフリースやダウンを持っているので余裕で対応できる寒さなのだけれど、荷物がないため、薄手のシャツ以外防寒着は一着もなかった。





TACA航空、しばく…。





そう呟きながら急ぎ足でタクシーをつかまえ、両腕をさすり体を温めながらホテルを目指した。

15分もすると町の趣が途端に変わり、石畳に、古めかしいコロニアル調の建物が並ぶようになった。

街を照らす街灯もオレンジ色で温かみがある。

旧市街に入ったようだった。

そろそろかな。

運転手と雑談をしながら、坂と一方通行の多い細い道を走ること5分。

ホテルに到着したと言われ窓の外を覗いた。





え?全っ然違うやん・・・。





目の前には煌々と豪華な照明に照らされたラグジュアリーなホテルが私を見下ろしていたのだった。

いやいや、この身なりでこんな高級ホテル泊まりますか、と。

住所見せましたよね。

「わかるか?」って聞いたら「もちろん!」って言うてはりましたよね。




キレそうになりながらも、ここでもめてしまうと絶対に後で料金をふっかけられることが目に見えていたので、ひきつった笑顔で再度運転手に行き先を見せる私。

もうこれ以上のトラブルは勘弁してよと思いながら再び後部座席で揺られること5分。

ようやくホテルに到着。

が、迷ったから多く払えとのたまう運転手のおっちゃん。

やっぱりきたか…。

もはやキレる気力すら残っておらず、わずかに残ったエネルギーを総動員して薄っぺらい笑顔をつくり、「こんなかわいそうな私からお金とるとか言わないでよ、アミーゴ☆」と言いながら何とか当初の料金で下車することが出来たのだった。




はぁぁぁぁ…。




ホテルには運よく一つだけ空室があったため、とりあえずチェックインを済ませた私は、一連のトラブルでかなり疲れていたこともあって本当は一刻も早く眠りたかった。

しかし10時に連絡すると言われていたため眠ることも出来ず、なんとか我慢してひたすら空港職員からの一報を待ったのだけれど、案の定一切連絡は来ず。

こちらから電話をかけても、係員と話すことすら出来なかった。

想定内ながら、あまりに適当な対応に怒りすらしぼんでいく…。

諦めて窓もない小さな部屋に入った私は、湿気た重い毛布に潜りこむようにして眠るほかないのだった。

眠りにつく前、私は再度こう呟いた。





TACA航空、まじでしばく…。





次回に続く。


画像

(ホテルの前の広場。強盗多発エリア。)

画像

(重厚な建物。が、飽きる。)



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
元気そうでなによりです。ロストバゲージであんまり元気でもないか。いいことも悪いこともジェットコースターみたい。いいことは叙情的やのに、悪いことは具体的に書く。しばいたれTACA!まあ、今は出てきていることを祈っています。日本は桜咲いてて、毎日のようにたけのこ掘って、夏野菜の種まいてます。春が来てます。これからもいい旅になりますように。地球の裏側に第2の故郷がいっぱいできてるね。住めそうなくらいってなんてみんなに愛されてる!
ふま
2012/04/22 14:10
>まさあきさん
ロストバゲッジぐらいだといんですけどね、まだ。次回が一番きつい内容なんです。笑 でも今は元気にしていますよ!早くリアルタイム更新に追いつけるように頑張ります。日本の景色は想像するだけで綺麗ですね。桜にたけのこ、夏野菜なんて素敵!
カリはもっと細かく書きたかったんですが、結構長くいたので全部は書けなかったのです。でもほんとに素晴らしい出会いばかりでした。幸せ者ですよね。今思い出しても心があったかくなります。
かわちゃん
2012/04/22 20:06
お久しぶりー!!!エクアドル、
いろいろ大変だったみたいですね(汗)
今はもう元気みたいだけど、
辛いことがあったらコロンビアに帰っておいでー!!!
かおり
2012/04/26 00:02
>かおりさん
わー、元気ですか?
色々ほんと大変でした。本気でコロンビア帰ろうかと思ったくらいで。w でも今は元気に旅していますよ♪
でもまたコロンビアにはいつか帰りたいですね。離れて改めてそう思います。
かわちゃん
2012/04/27 12:29
おっさんとのやりとり、御堂筋線内でふいたわ(笑)
たく
2012/04/28 14:12
>たくちん
わたしも実際吹きそうになったからね。w あいつはすごかったわー。ww
かわちゃん
2012/04/29 02:47
もう一回読んでもう一回わろた(笑)
笑いをこらえるのムリ(笑)
ぜひ、なんばで出演を\(//∇//)\
たく
2012/05/01 16:58
>たくちゃん
NGK行きやね、おっちゃん。w キトから空輸するわ!おっちゃんロストしたらおもしろいけど。
かわちゃん
2012/05/02 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
消えた相棒。 かわちゃん紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる