かわちゃん紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS スパルタンボール。

<<   作成日時 : 2011/12/25 16:19   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

キューバ入り間近で焦っているので、連投中。

でも決してやっつけ仕事ではございません。

今日はFeliz Navidadイブということで、アミーゴ達と島にいって泳いできましたよ。

その様子はまた明日くらいに更新するとして、カンクン到着後の様子からどうぞ。




前回書いた通り、移動に次ぐ移動を経てカンクンにやってきたのだけれど、ゆっくりする間もなく、宿に泊まっていた人たちに便乗して翌日早速観光へ行くことにした。

行き先はコバ遺跡というところ。

説明を聞いていた時は、「そこどこやねん。」という感じだったのだけれど、遺跡観光の後に泳げるセノーテ(スペイン語で洞窟に出来た湖のこと)にも行けるということだったので即決。

ここはチチェンイツァーやトゥルムと違い割とマイナーなところで、某歩き方にも載っていない遺跡というところもちょっと魅力だった。

3人で丸一日のツアーを50ドル(1人当たり)まで値切り、コバ行きが決定した。




翌日、まずは7時に迎えに来たコレクティーボ(乗り合いバス)に乗って、ホテルゾーンへと向かう。

ホテル内で軽く朝食をとった後、そこから大きなバスに乗り換えて約3時間。

昼前ぐらいにコバ遺跡に到着した。




鬱蒼と茂るジャングルのようなコバ遺跡。

この広い敷地の中に、こんな遺跡が点在しているのだ。

画像


ここからはガイドのおじさんが所々止まりながら説明をしてくれるのだけれど、それが聞き辛いのなんのって。

英語とスペイン語で喋ってくれるのは非常に有難いのだけれど、ワンセンテンス言い切る前にスペイン語と英語を行き来しちゃうもんだから、もう何が何だかわかりゃしないのである。

しかも結構スパルタ(またか…)。

このツアーは、片道2キロ半くらいを暑い中歩かされるのだけれど、おばさん欧米人(たいていふくよかだから)がヒーヒーフーフー言っていても全くペースを緩める気配すらない。

それはもう見事なほどに。

そして続々としんどそうになっていく我々グループの面々。

もちろん気にしないおじさん。

スタスタと、どんどん先に進んでいくおじさんガイドに食らいついて歩いている時に、私はふとあることに気付いてしまったのだった。





おじさんはまるで玉のようだと。





私は今回この遺跡のヒストリーにはあまり興味がなかったため、前半はほとんどおじさんの話を聞かず、まるで落ち着きのない男子のような行動(グループから離れてジャングルに顔をつっこんだりして遊んでいた)をとっていた。

だから気が付かなかったのである。

丸いお腹に丸いフェイスを持つ、このおじさんの玉っぷりに。

もうこうなれば、玉のようなおじさんが気になって仕方なくなってくるから困ったもので。

その玉っぷり、そしてツーリストの体調を一切気にしないスパルタっぷり、説明の聞き辛さなど、全てがおもしろ可愛くなってきてしまうのだ。

私は説明を聞かず、盗撮を繰り返してはキャイキャイ喜んでいた。(バカにはしてません)

画像


画像


だって、ほんとに可愛いんだもの。

そんなことをしていると2キロくらいあっという間に歩いてしまい、メインの神殿に到着した。

画像




ちなみに、この時既に1時半。

玉のようなおじさんは、ここで更にスパルタな台詞を言い放った。





玉お:「本当はこの遺跡観光が終わったらすぐにランチだけど、セノーテでリフレッシュしてからご飯食べるのがいいと思うから、私のガイドの時はいつも順番変えてるんです。この後はセノーテです。だからランチは3時過ぎです。」





え…!!!!



ランチは3時半?????



今1時半ですけど?????



ま、まじで…?!





一同呆然。
(確実に全員めっちゃくちゃお腹空いてたと思う。)

そんな全員の悲壮な表情にはもちろん目もくれず、スパルタな玉お(玉のようなおじさん)は、誰のOKもとらずに、それだけを言い残してスタコラとバスに戻ってしまったのだった。



空腹に喘ぎながら、ぞろぞろと神殿に向かって歩き出す我々グループ。

多分全員が朝食を8時ごろ軽く食べただけな上に、暑い中結構な距離を移動している。

正直かなり辛い。

が、どうすることも出来ないので、とりあえず神殿を登ることにした。



たいていマヤ遺跡のピラミッド型神殿は、保護の観点から登れないことが多いのだけれど、ここは登れるとのこと。

めちゃくちゃお腹は空いていたけれど、こういうところを登るのは結構好きなので、すいすいと登って頂上を目指す。

辿り着いた高さ40メートルの頂上からの眺めは中々圧巻で、写真にするとただのジャングルが見えるだけなんだけれど、そのジャングルビューに気分はとっても爽快だった。

画像


下りはめっちゃ怖かったけど…。
(私のすぐ目の前にいた黒人は足が震えていた)



約一時間後、集合時間を少し過ぎた頃にようやく全員が観光を終えてバスに戻ってきた。

すぐに次の目的地に向けて走り出す。

あぁ、このタイミングでランチが食べれたらどれだけ幸せだろうか…。
(そんなことを考えながら携帯をいじっていた時、誤ってお寿司の画像を見てしまったことが、この日の一番の失敗。)



コバ遺跡からは10分程で目的地の洞窟に到着した。

水着に着替えて苔生す洞窟を降りていく。

画像


そして現れるセノーテ。

画像







超水キレーーーーーーー!!!






青く澄んだ水を湛えた洞窟の中は【THE神秘的】といった雰囲気。

早速入ってみる。






水冷たーーーーーーーー!!!






さすが、洞窟。

めちゃくちゃ冷たい。

でも負けない。

一気に頭まで浸かり、無理やり慣らす。

一度入ってしまえば案外大丈夫で、私達はそれからセノーテスイミングを30分程楽しんだ。



その後、よーーーーーーーやくレストランに向けて出発するバス。

それにしても、食べるものも食べずに往復4キロ以上のウォーキングと神殿クライミング、そして更にセノーテスイミングという変形トライアスロンみたいなことを数時間でこなしただけあって、足がもう限界。

「有名高校の部活か。」というくらいのハードさに、私は翌日の筋肉痛をこの時改めて確信した。



しばらく走り、やっとレストランに到着。

待ちに待ったランチは、メキシコ料理のビュッフェ。

画像


この時ほどメキシコ料理がおいしいと思ったことはなかったし、これから先もないだろうというくらい、もうほんと胃に染み渡るような食事だった。

本当においしかったなぁ。



帰りのバスでは、極度の疲労と満腹感のせいか、もう座った瞬間から一分も持たずに眠ってしまっていたようだった。

気が付くとホテルゾーンを抜けて、もう私たちのバスはセントロに戻ってきていた。

そして私たちの長い一日が終わった。



観光中はすごくお腹空いて辛かったし、足も限界だったけれど、それでも綺麗なセノーテで泳げたことや、遺跡頂上からの眺めは一生モノの思い出になった。

楽しかったなぁ。



シャワーを浴び、ベッドで眠りにつく時、私はあのおじさんを思い出していた。



きっと明日も、あの玉のようなおじさんはツーリストを引き連れてガイドに出かけるのだろう。

そしてまた言うのだろう、







ランチは3時過ぎだと。







次回はコスメル編です。

キューバまでに間に合うかな?

頑張ります!







最後に、これなに?!

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しそー!
ジャングルの中の遺跡なんていいなー!
久しぶりにカンボジアのアンコールワットのような遺跡に行きたくなったよー!
僕も振り返りblogやろうと思ってるのに全く手がついてません。がんばろー!
みつ
2011/12/25 22:42
たのしかったよー!
今日はもっとも良い遺跡に行ってきた★
海から見れる遺跡よ〜!またUPするね!
ブログめんどいことも多いけど、見てくれてる人がいると頑張れるよね。まぁ、更新ためてるんやけどさ。w
かわちゃん
2011/12/26 11:41
ゆかりさん!こんにちはー!
鎌倉でお世話になった元スタッフのカナです。
毎回ブログ楽しく読ませていただいてます♪
また楽しいネタ楽しみにしてまーす!
かな
2011/12/26 16:50
>かなちゃん
おー!かなちゃん!元気にしてる?
コメントありがとうねー★
今日からキューバ行ってくるので、また帰ってきたらブログUPするので読んでね^^
かわちゃん
2011/12/26 21:49
「明日くらいに更新」から既に11日目( ´ ▽ ` )ノ
地球の裏側って時間の流れるスピードが違うに違いない( ̄▽ ̄)

昨日の深夜にほしが遊びに来て、あべちゃんの秘動画をみてゲラゲラ\(^o^)/
あなたも動画内で「ちょっと〜(笑)」といいながらしっかりチラ見しておりました(笑)
たく
2012/01/05 09:57
あけましておめでとうございます。
今頃、ネットのないキューバを満喫されているんでしょうか。
玉お、いいですね!
私も玉のおじさんになりたいものです。
私も日本の歴史や文化を案内する、玉のおじさんになりたいです。
日本の深い謎をスパルタに案内する玉おになりたいものです。
日本のテレビでも年末年始、マヤ・アステカ番組たくさん見ました。セノーテも!きれい!深い!
今年もどうぞよろしく。
今年も元気に。世界中で、ミステリーハンターしてください。楽しみにしています。
ふま
2012/01/10 15:28
>たくちゃん
あのあべちゃんはもはや神やったなぁ。w
ひどすぎた!見たけど!!w
>まさあきさん
あけましておめでとうございます。
日本でも色々特集されてたんですねー!
私も世界の魅力を伝えるべくハンティングしちゃいます★
かわちゃん
2012/01/28 11:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
スパルタンボール。 かわちゃん紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる